【30代ミニマリスト】いつもつけているアクセサリーの話。

アクセサリーが好きです。

見てるだけでも楽しいので、ゾゾタウンでアクセサリーをひたすら見たり、いろんなブログで人のアクセサリーを見たりしてます。


スポンサーリンク

私が普段必ずつけるのは、結婚指輪とピアス。

 

ピアスはk18の地金に、小さなダイヤがひとつ、4つ爪で留めてあります。

ダイヤはローズカットで、ふつうのダイヤよりもみずみずしく光る感じが好き。控えめで、でもしっかり光る。私は耳たぶが小さくて薄いので、大きいダイヤが似合わないんです。なのでかなり小さなサイズのダイヤです。

 

ぶら下がるタイプのピアスより、こういう小さなさりげない一粒ピアスが好き。

というのも、大学生のとき、同じ部活に清楚な感じのかわいらしい女の先輩がいました。どちらかというと素朴な感じで、ピアスとかしてなさそうな雰囲気の先輩。その先輩の耳に、小さな青のピアスが一粒ずつついてるのが、なんともいえず素敵で。目が釘付けになりました。

小さくてさりげないのに、というか小さくてさりげないからこそ、妙にそこに目がいくんですよね。すごく印象的でした。

 

学生のころは雑貨屋で買った安いピアスを楽しんだり、20代のころは楽天市場で買ったやけに安いダイヤのピアスを着けていました。ぜんぜん輝かなくて、愛着がもてなくて、すぐなくしてしまった。

2年前にいまのピアスを買ってからは、すごく気に入って毎日毎日つけています。

 

ピアスって、人に見せるためにつけているものではないし、かといって指輪みたいに、自分で見えるわけでもない。でも、着けているだけで気分があがる、幸せな気持ちになれる。そんなアクセサリーです。

 

私はアクセサリーをつけっぱなしにするのは苦手なので、帰宅したらすぐ外しています。

ピアスも指輪も、すぐ外す。で、また翌日出かけるときに着ける。そんな感じでアクセサリーを楽しんでいます。

 

スポンサーリンク