自分のベースカラーを決めて、シンプル楽チンなコーディネート。

私がもっている洋服、バッグ、小物のほとんどが紺、グレー、アイボリーなどの地味な色です。

白、黒、ベージュ、グレーなどいわゆるベースカラーとされる色がありますね。
地味な色だからといって誰にでも似合うわけではなく、ベースカラーの中にも似合う、似合わないがあります。

自分に似合うベースカラーを見つけて、いくつか定番にしておくと楽だなと感じています。

私がこれ、と決めているベースカラーは、紺、アイボリー、キャメル(ベージュ)、うすいグレー。

カラー診断がオータムの私。
全体的に色黒めで、真っ白な服がまったく似合いません。よけいに色の黒さが目立っちゃいます。
黒もまた全体的にどーんと重くなって似合わないので、ほとんど持っていません。

真っ白のかわりにアイボリーを、黒のかわりに紺を着ています。アイボリーと紺色はとても似合う色です。

茶色やベージュは顔がくすむけどキャメルだときれいに映えるし、濃いグレーは似合わないけど薄いグレーなら似合う。

ベージュは顔の近くだと顔が茶色く見えてだめなのですが、スカートなら大丈夫。

そんなことがここ2年ほどでようやく分かってきました。

ブラウスもスカートもカーディガンもコートもすべて、この4色のどれかです。

それがよく分かる私のクローゼット。
ちなみにここにあるものが1年分の洋服すべてです。

ほとんどがベースカラーですね。

どれを着ても自分に似合うし、組み合わせを考えるのが楽だし、とても楽です。

差し色とかよくわからず苦手な私。
明るい赤のバッグを買ってみたこともあるけど、うまく使えませんでした。

明るい色があると一気にコーディネートが難しくなります。私のような非・オシャレ人には敷居が高すぎます。

あえて差し色というなら、暗めの紫色と、上記ベースカラーの中にあるキャメルでしょうか。
紫色は意外とどんな色にも合わせやすくてベーシックだし、キャメルはぱっと明るくなる色です。

そんなわけで、ベースカラーのみの洋服を楽しんでいます。

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense