安すぎるものと高すぎるもののあいだに、自分のちょうどいいを探す。

 

ユニクロやguをあまり買いません。

 


スポンサーリンク

 

 

ユニクロの洋服は何度か買ったけど、ほぼ手放してしまいまいした。
残っているのは2つ。
部屋着にしているスウェットと、Gパンがわりのレギパンです。

 

ユニクロを否定するわけじゃないのです。いいものもあります。

 

 

ただわたしはあまり買いません。
なぜなら、「これユニクロなんだよな」と思うと愛着がわかないから。

 

これは大変です。
自分の価値観の問題だと思いますが、「ユニクロの服」と思うと大切に着られないんです。

 

 

似たようなデザインでも「無印」だと、大切に着られます。
「これ無印なんだよな」と思って着るとなぜかうれしい。愛着がわく。

といっても無印で持っているのは部屋着にしているパーカーとTシャツ2枚で、おでかけ着は買いません。

 

無印の製品にはひとつひとつ簡単な説明書きがついていますよね。
「縫い目をなくして肌ざわりをよくしました」とか、「オーガニックコットン100%です」など。
そういったところから、無印が製品の企画に手間ひまをかけているんだろうなということが伝わり、わたしの無印に対するブランドイメージをよくしているんだと思います。

 

値段によるところも大きいでしょう。
無印の服もそんなに高いわけではありませんが、ユニクロやguよりは高価です。
そこに今のわたしが「ちょうどよさ」を感じているのだと思います。

 

もっとも、ユニクロもguも無印も、おでかけ着にすることはありません。
外出着を買う気がしないのです。
ユニクロのレギパンだけ例外で愛用してます。

 

 

*************************************

 

高価なブランドものを持っていません。
どこからが「高価なブランド」かというと人それぞれなのですが、わたしが持っていないのは「一目でそれとわかるあまりにも有名なブランド品」です。
たとえばルイヴィトン、グッチ、エルメス、コーチ、フェンディとか?? もともと疎いのでブランド名すらわからないのですが・・・。

 

ブランドものは使ったことがないのでその品質はわからないし、きっとすごくいいものなんでしょう。
いま買おうと思えば買えます。値段的には。

 

ただ、現在の収入に見合わない大枚をはたいてまで所有する理由がないし、魅力も感じない。
いま誰かに「プレゼントするよ」と言われても、断るでしょう。
もしかして将来すてきなマダム(笑)になったら欲しくなるかもしれないけど、今の私には必要ない。

 

安いものも高いものも、世の中にたくさんあります。
その間に、自分にとってちょうどよいものを見つけていくんでしょうね。みんなそれぞれ。

 

自分にちょうどよくて、品質のよいもの、質に対して値段が相応なもの。
そして心がうれしくなるものを持ちたいです。

スポンサーリンク