我が家の最小限な救急箱。

我が家の救急箱はとても小さいです。

倉敷意匠の小箱を救急箱に

倉敷意匠の小箱を救急箱にしています。以前化粧品入れとして使っていたもの。

化粧品はポーチに入れることにしたため、この小箱が余っていました。
それまで使っていた救急箱がものすごく大きくて、大きい割に中身がまったく入っておらず・・・、スペースだけとるのが気になっていたところこの小箱が空いたので、迷わず変更。

救急箱の中身

中身はこんな感じです。

・コンタック
過去に1度家族の咳がとまらなくなって使ったけどそれ以来出番なし。使用期限が切れたら処分すると思う。

・絆創膏
コンタックの箱の後ろに箱から出して生身で入っています。包丁で手を切ったりアトピーで指が切れることが多く一番使う頻度高し。

・総合感冒薬
今はめったに風邪を引かないし引いても薬を飲まないのですが、以前買ったのが残っていたもの。これも期限が切れたらたぶん処分。

・正露丸
旅行先などで急におなかを下すことがあり、これを飲むと必ず治るので旅行に持っていきます。おまもりがわり。

・包帯、テープ
以前けがをしたとき使ったもの。その後も手を切ったときなどに使用。

大きな箱からこの小箱に移し替えるとき、全く使っていない軟膏や薬がいくつかありました。使用期限を見るととっくに切れているものばかりだったので、それらは処分しました。全く使ったことのないものでも「いつか使うかも・・・」と思うと捨てにくいので、使用期限があるのは助かります。

救急箱は主に絆創膏を使うときくらいしか取り出さないので、キッチンの棚にいれてすぐ出せるようにしています。
前は箱が大きくてキッチンには置けず、部屋のクローゼットに置いてあったので取りに行くのがちょっと手間でした。
今は包丁で手を切ったらすぐ絆創膏を出せるので便利です。

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense