キッチンでつかう布類はすべてリネンに。乾きやすくて扱いやすい。

 

キッチンで使う布類をすべてリネンに変えてみました。

 

 

左側の白いリネンは食器用のふきん、右側の茶色いリネンは手拭き用として使っています。

 

今まで、食器ふきには白雪のふきんを使っていました。
やわらかくそれなりに使いやすいのですが、水の吸い取りがどうもイマイチでした(数か月使い、何回も洗濯をしたのに)。
食器を拭ききったつもりでも、すこし水滴が残ってしまうんですよね。結構それがストレスでした。

 

 

手拭き用にはふつうのハンドタオルを使っていたのですが、1度ぬれるとなかなか乾かないのが悩みでした。
タオル自体の重みと厚みがあるので、キッチンに置くと存在感がありすぎるのがちょっと気になってもいました。

 

 

そこで布類をすべてリネンに変更。

 

手をふくと水をシュッと吸い取ってくれて、濡れてもすぐ乾きます。
やわらかい拭き心地ではなくてごわごわとした麻の独特の感じなのですが、それも好き。

 

食器拭きとしてもとても使いやすいです。最後の水滴までしっかり拭き取れて、すぐに食器棚にしまえるほどです。

 

いままで食器置きにはハンドタオル2枚を使っていたのですが、今はリネン1枚で済んでいます。

 

ちなみにフォグリネンワークのものを使っています。

 

白い食器用リネンは洗い替えで2枚、茶色のリネンは手拭き用のほかに食器置き用にも使っているので、4枚持っています。

 

 

 

使いこむほどに柔らかくなり、じょうぶで長持ちするリネン。
約3週間ほど使ってだいぶやわらかくなりました。
これからも長く愛用します。

 

 

ちなみにタオル掛けはこれを使っています。
吸盤がかなりしっかりくっついてくれて、ハンドタオル1枚+ふきん1枚+ゴム手袋1組をかけていましたが、まず落ちてくることはありませんでした。
くっつく力が弱くなるとプッシュする場所に赤いラインが出て教えてくれるので、そこをプッシュすればOK。
落ちてくる前に吸着しなおせるのでとてもいいです。

 

スポンサーリンク