【30代ミニマリストのバッグの数】全部で4つのバッグを公開

天気のいい日が続いています。やっと長かった冬が終わって春が来るんだな〜〜とほんとに嬉しい。この季節は仕事が忙しくバタバタするので、仕事がなかったらもっと春が楽しいし素敵な季節なのになぁと思う。。。

今日はバッグの話です。


スポンサーリンク

私が持っているバッグは全部で4つ

※現在、無印のボストンを手放したので3つになっています。

通勤用トートバッグ(PORTER)

PORTERのトートバッグを使っています。

まっくろのバッグ。PORTERらしくナイロンだけど、普通のナイロンとは違って光沢があって、上品でつかいやすいです。きちんとした服にも似合うから好き。

私みたいにめんどくさがりで、物は少ないほうがらくで、「これひとつあれば何でも使える!」みたいなのが好きな人は、そういう人ほど、きちんとしたものを1個持っておけばいろいろ使えます。1つで済ませるなら、色はやっぱり黒が使いやすい。

物をたくさん持ってるのがきらいじゃなくて、カジュアルなものもきちんとしたものも使い分けたいっていう人なら、別々に持って楽しめると思います。でもわたしは物が多いと管理ができなくて。

服もバッグもなるべく数を減らしています。

 

ショルダーバッグ(PORTER)

まっくろのPORTER、ナイロン製です。軽くてたくさん入って便利。休日はこればっかり使っています。結構カジュアルだけど、ショルダーの紐が太すぎないところが気に入ってます。紐が太いとどうしてもカジュアル感が出るので、細めのものを選びました。

コンパクトだけど、愛用のモンベルサンブロックアンブレラも(ぎりぎり)入ります。

ワンピースでもスカートでもジーンズでも、このショルダーを合わせてます。こちらの記事もどうぞ。

 

デイパック(PORTER)

PORTERタンカーシリーズのデイパックです。Mサイズで容量は10リットル。

これひとつでディズニーリゾートや、1週間の海外旅行にも行きました。出張にも使いますし、トレッキングや登山(といっても簡単な低山)をするときもこれを使っています。

このデイパックを買ってから、「リュックって、なんてラクなんだ・・・」といまさらのように感じてます。両手があくことの、開放感というか爽快感。

とにかく軽くていい。そして意外と荷物が入ります。前についているポケットがとても使いやすいです。

タンカーのこの、ふわふわ、つるつるしたさわり心地がとても好き。さわっているだけでなんか幸せになります。笑

 

ボストンバッグ(※手放しました)

無印の「パラグライダークロス たためるボストンバッグ」。

ボストンバッグは旅行のときしか使わないので、普段コンパクトにしまっておけるのがいいなぁと思ってこれにしました。実際、使わないときは全然場所をとらなくて小さくしまえるので、とても便利です。ポーターのデイパックを買ってからは出番が少なめです。

おりたたんだところ。

開いたところ。

パラグライダークロスでできているだけあってとても軽く、容量もたっぷり。4泊5日くらいの旅行ならこれだけで行っています。全部の荷物を入れてもスッカスカで、帰りはお土産も入れられるくらい充分な大きさ。

 

4つのバッグに共通していること

これら4つのバッグに共通していることがいくつかあります。

まず、色。ぜんぶ黒です。私は黒がそんなに好きじゃなくて、黒い服といえばスーツくらいしか持ってないのですが、バッグは別です。私にはバッグを差し色にする、、などというセンスをまったく持ち合わせていないので、とにかくなんにでも合う色がよいですね。それから、汚れが目立たないことも大事。なので黒です。

つぎに、軽いこと。バッグは中に荷物を入れて運ぶもの。だからバッグ自体はなるべく軽くしたいです。革のバッグを持ってみたこともあったけど、重くて手放してしまいました。いまは軽くて丈夫なナイロンばっかりです。というかPORTERばっかりです。

私の場合、バッグはおしゃれというより実用品として考えています。どんなに見た目がオシャレでも、使いにくかったら使わない。だから使いやすさ、持ちやすさなどのバッグとしての機能のほうが私にとっては大切です。

 

スポンサーリンク