【なんとなくの自分の行動から気づく】革のバッグをやめた話。

30歳を過ぎてから、通勤バッグもショルダーバッグも、革のバッグを愛用していました。

が、やめました。

革のきちんとバッグは便利。でも・・・

通勤服も普段着もきれいめなものが多いので、バッグもそれに合わせて革のきちんと系のものを持っていました。

通勤用バッグは以前記事にもしています。

30代OLが考える 通勤バッグの選び方ポイント5つ

このバッグは確かに上品で、通勤にもカジュアルにも使えます。

結婚式にも持って行きましたし、お葬式も大丈夫。

とにかくオールマイティ、しっかり堅牢なバッグ。

ただ、毎日使っているうちにいくつか不満な点が出てきました。

難点1 重い

まず、重い。

軽い革のバッグもあるのでしょうが、私のはなかなか重いバッグでした。

調べたところ650gとのこと。

バッグ本体でこの重量は、なんか重かったです。

学生時代から社会人になって今まで、主にナイロンやキャンバス地のバッグを使っていたので、この大きさの革バッグを買ったことはありませんでした。

だから革のバッグがこんなに重いものとは知らず・・・。

そしてこのバッグは結構かたくて。

型くずれしないのはいいのですが、かたくて中の物が取り出しにくいのがいやでした。

かたくて重いって、それだけでストレス。

使ってみないとわからないことってありますね。

難点2 雨に弱い

当然のことながら本革のバッグは水濡れ厳禁。

雨の日は非常に気を使います。

私の住んでる地方はこれからの時期雨が多くて湿度が高く、あまり革に向いた気候とは言えません。

雨が降るたびにバッグを気にしなきゃいけないのは面倒だし疲れます。

これはまぁ覚悟して買ったんですが、雨を気にして使うのはやっぱり面倒ですね。

毎日使うバッグはできるだけタフで、気を使わないものを持ちたいのです。

がんがん使っても大丈夫で長持ちするような。

自分の行動から気に入ってないことに気づく

雨の日はこの革バッグではなく、前に使っていたキャンバス地のバッグを使っていたんです。

晴れの日は革、雨の日はキャンバス地のバッグ。

これを何回か繰り返すうちに、雨の日にキャンバス地のバッグに荷物をつめることに喜んでいる自分、に気づきました。

今日は雨だ、

じゃあ革のバッグじゃなくていいんだ。キャンバス地のバッグが使える。

わーい♪

・・・・・

あれ?

・・・私、キャンバス地のバッグのほうを使いたいのかな?

新しいほうよりも、古いほうを?

あきらかに使い古しているのに、くたびれてるのに、新しい革バッグよりも使い古したこのバッグのほうがいいのか・・・。

実はこの革バッグ、気に入ってないんじゃ・・・。

( ̄◇ ̄;)

そう。

たしかに、キャンバス地のバッグはPORTERのもので、それはそれはよく考えられていて使いやすく、とても気に入っていたものでした。

ですがもう7年以上使って寿命がきており、革バッグに新調したのでした。

その使いやすさとデザインの良さから、まだ手放さずに持っていたのです。

実は革バッグ、当初からPORTERのバッグに比べると使いにくいなーと思っていました。

でも新しいし、買ったばっかりだし、見た目は気に入ってるし、そのうち使いにくいのは慣れるだろう!

と思って使い続けてました。

自分の行動を振り返って、やっぱり気に入ってないんだわ・・・と気づいたのでした。

そして再度選んだのはやっぱりPORTER

そうと気づいたらもう重くて使いにくいバッグを使い続ける気がせず、すぐに次のバッグを探しました。

いろいろ探した末にたどり着いたのはやっぱりPORTERのバッグでした。

ナイロン地で軽くて扱いやすく、でもきちんと見えるきれいめなバッグ。

たぶん結婚式とお葬式も大丈夫なデザインです。

もちろん、通勤バッグの条件も満たしています。

(上品、マチがある、自立する、ファスナーで閉まる、ポケットが2〜3個ある、A4より小さいサイズ)

ここに【軽いこと】を付け加えます・・・!

新しいバッグの重さ、500g。

マイナス150gの減量です。

人間だったら大したことないけど、バッグでは大きな差です。

そして手触りがなめらかで、やわらかくて、フカフカしてて、好き。

心が軽い〜〜。

PORTERのバッグは大学のころから長年愛用していて、使いやすいことはよく分かっているので心配ありません。

いい年したOLだから革のきちんとしたバッグを持たなければ!

と思っていたけどや〜めた。

やめました。

軽いバッグって最高です。

ついでに革のショルダーバッグも重くて使いにくかったので、思い切って買い替えました。

また別の記事にします〜。

→続きはこちらでどうぞ。

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense