【続・革バッグをやめた話】ひとつずつ、自分がしっくりくるものに気づいていく。

革バッグをやめた話、後編です。

前編はこちら。

【なんとなくの自分の行動から気づく】革のバッグをやめた話。

革のショルダーは重い、硬い・・・

ショルダーバッグを新調しました。

以前使っていたのはA.P.C.の革製ショルダーバッグでした。

有名なハーフムーンバッグではなくて、横型長方形のシンプルなバッグ。

小ぶりできちんと系で、 ジーンズはいてもこのショルダーをななめがけにしてれば全体的にきちんと感が出る、頼れるショルダーでした。

革の感じも上品で、それなりに気に入ってはいたんです。

でもですね・・・、

通勤用の革バッグをやめたときに、

ついでにこのショルダーもやめたい!

と思ってしまったのです。

なんでかって、

やっぱり重いから。

( ̄◇ ̄;)

あと、硬いから。

(またしても、重い&硬いのコンビ!)

ショルダーって、考えてみれば一番持って歩く時間が長いバッグです。

肩にかけたまま街を歩く、買い物をする、移動する、旅行する。

バッグを置く、ということがあまりありません。

だからこそ、重いかばんは疲れます。

A.P.C.のショルダーは革100%だったので、まぁなかなか重くて。

オール革のショルダーを買うのは初めてだったので、こんなに重いとは知らず・・・

(なんか、通勤バッグの記事と同じような内容になってきた 汗)

かばん自体が重いので、中身を入れたらさらに重い。。

買った当初から、使うたびにちょっと疲れるなーとは薄々感じていました。

めんどくさいなー、とも。

「んーー、なんかなぁ。」

ってのが少しずつ積もっていました。

でも高かったし(お値段6万円ほど)買ったばかりだし(買ってから1年半くらい)

まさか手放すなんて思ってもいませんでした。

それが、通勤用バッグを手放すことを決めたのをきっかけに、

重いバッグを使うのはもうイヤダー!!

よし!

これもかえちゃおうー!

と、いっきに加速したのでした。

新しく買ったのはやっぱりPORTER

新しく買ったのはこちら。

PORTERのバッグです。(またかいな!)

見た目は超シンプル、まっくろなナイロン製。

中はポケットがたくさんあって、使いやすい。

ナイロンなのでカジュアルになりやすいのですが、肩掛けひもが細いところが気に入って決めました。

ひもが太いとカジュアルな印象が強いですよね。

反対に細いひもだと、きれいめになります。

スカートやワンピースを着ることが多いので、ナイロンでもきれいめに使えるものが欲しいと思って選びました。

ショルダーは普段の買い物やおでかけにも使いますが、小さな旅行(ディズニーとか)ならこのバッグだけで行きますし、旅行先で1日歩きまわるのもショルダーひとつで済ませるので、ある程度物がたくさん入ることも条件ですね。

これは、500mlペットボトルが横に入るくらいの大きさ。

あまり大きすぎるとやぼったくなるので、ちょうどいい大きさだなと思ってます。

ブランド名が目立たないところも気に入ってます。右下にロゴがあるのですが全然見えませんよね。

バッグとか財布とかはどこのブランドか分からないものを使うのが好き。

ひとめで「あ!◯◯◯のバッグだ」とわかるのが苦手なんです。

あとは、側面に綿が入っていてフカフカ〜なところも好き。

ナイロンの手ざわりもすべすべして気持ちいい〜〜。

バッグのさわり心地って意外と大事!

多少の雨に濡れても気にしなくていいし、なによりすごく軽いし、使っていてとてもラクです。

(A.P.C.の革バッグ  440g、PORTERのバッグ 270g。 この差は大きい!)

革バッグはひとつもなくなった

こうして通勤バッグ、ショルダーバッグとも買いかえ、私の手元に革のバッグは1つも残っていません。

(すでに買い取り業者さんに買い取ってもらいました)

なんでもそうですが、使ってみないとわからないことってありますね。

私は、お財布や小物は革が大好きで、革製品を愛用しています。

だから革バッグも大事にできるだろうと思っていたのですが、私には革バッグは向いていなかったようです。

もったいなかったかな、とも思いますが、使ってみないことには分からないので仕方ないと思ってます。

失敗してしまった、というよりは、自分にしっくりくるものをまたひとつ、新たに発見できてよかったなと思います。

ありがとう、革バッグ。

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense