これはおすすめ!簡単なのに超本格的、売り物よりおいしいシュトレンキット。

シュトレンキットを使って、初めてシュトレンを自作してみました。

はじめてシュトレンを食べた昨年。

私がシュトレンを初めて食べたのは昨年のこと。

近所のパン屋さんで買ったシュトレンが、それはそれはおいしくて。

夫と2人、感動しながら食べました。

それを今年は「つくってみたいね」と。

手軽で本格的なシュトレンキットで自作しよう!

ただ材料をいちから揃えるのは面倒くさく、余る材料などもありそう。

そこで手軽なキットはないものかと探して見つけたのがこちら。

プロフーズさんの手作りキットです。

自分で用意するのは卵、バター、牛乳、ラム酒のみ。
そのほかの材料はすべて入っています。

気軽なキットでありながら、マジパン入りの本格的なレシピだったことが決め手になりました。

外側かりっ、中しっとり。甘くてしっとりしたドライフルーツにどっしりした生地。

シュトレンを構成するおいしさの要素は数あれど、

「マジパン

 これ抜きにシュトレンは語れないと思うのです。笑。

だから数あるシュトレンキットの中から、マジパン入りのこちらに決定しました。

簡単!おいしい!

口コミによると、

・簡単なのにすごくおいしい

・近所のパン屋さんのよりおいしい

・何十個もまとめ買いした

との意見多数。

なんと、売り物よりもおいしいとは・・・

これは期待が高まります。

食い意地の張った我が家ですので、3つもまとめ買いしました。

ひとつ980円×3つ、これに送料648円を足して3,588円でした。

シュトレンは本格的なものを買うとひとつ1700円〜2000円くらいしますので、作るたのしみもプラスしてこのお値段は嬉しいと思いました。

さてさてその作り方は、ほんとに簡単でした。

レシピカードが付いていますので、そのとおりに混ぜて、焼くだけです。

難しい工程はいっさいなし。


マジパンを中にくるんで成型したところ。
部屋着&うしろにいろいろなものが写り込んでいるのはお許しください。

そして初・手づくりシュトレンのお味は、

めちゃくちゃおいしい!!

これは、超本格的な味。

近所のパン屋さんのものに負けない、、、

いや、

パン屋さんのよりおいしいかもしれません。

焼きあがったら粉砂糖をふるってラップをかける。

外はざくざく、かりっとして。
中はしっとり、ずっしり。

あまりのおいしさに、作って3日目で食べきってしまいました。

※ほんとは、焼きたてよりも2日後くらいからが断然おいしいです。

3個ぶん、買っといてよかった・・・。

本来は、クリスマスまでの4週間、ちょっとずつ食べるものなんですよね。

クリスマスまで1ヶ月以上ある時点ですでに、いっこ食べきってしまった。

・・・とにかく、それほどのおいしさです。

これはおすすめです。

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense