年賀状、やめて2回目のお正月。

 

2年ほど前から、年賀状は出していません。

 

 

というとあまり正確ではなくて、正しくは、「来たものにだけ返して」います。

 

それまで年賀状はふつうに出していました。

が、何年も会ってない、この先も会う予定がないような人には書くことがなくて悩むし、

ことしはこの人に出すか出さないか、などと考えるのが面倒で、やめました。

 

仲のよい友達には、「ことしから年賀状やめるから。よろしく〜」

と会った時に直接伝えて、いっきにやめたのでした。

 

 

余談ですが、そもそも、しょっちゅう会うような仲のよい友達に、年賀状って必要なんだろうか・・・と子どものころから思っていて。

こんなの出さなくてもすぐ会うしな〜、こないだも会ったばっかりだしな〜と。

 

 

まぁ、そういう近い人からくるハガキというのもまた、嬉しかったりするんですよね。

 

 

 

話は戻りまして。

 

それでも最初の年はぽろぽろと何通か来ていて、いただいた分にはお返事を出し、そこに「年賀状やめることにします」と書き添えました。

 

 

ことし(2018年)もまた何通か来るかもしれない、と思い、4枚だけ年賀状を購入しておいたのですが、1人からしか来ませんでした。

 

これで来年は完全にやめられそうです。

 

 

わたしの両親も年賀状をだんだん減らしていて、年始に実家に届いたのはほんの数枚。

 

夫の両親もまた、年賀状をまったく出さない方で、あ互いにとてもラクなお付き合いをしています。

 

関係をないがしろにするとかそういうことでは全然なく。

 

なくてもよいものはやめて、やりたくないことやおっくうなことは無理しないで、

ラクな形でつきあいを続けていけるのはとても良いことだなぁと思うのです。

 

スポンサーリンク