わたしが2年以上せっけん洗濯を続けている理由

我が家ではもう2年以上、合成洗剤をつかっていません。

合成洗剤のかわりに、粉せっけんで洗濯をしています。

その理由はずばり、粉せっけんのほうが断然、汚れ落ちがいいから。

以前はふつうにアタックやトップなどの合成洗剤を使っていましたが、アトピーがひどくなったことをきっかけに粉せっけんに変えました。

洗剤が直接アトピーに影響しているわけではなかったのですが、試しに使ってみようと思って導入。

これが、大正解でした。

我が家には、生乾き臭のとれないTシャツがあったんです。

それは家族のもので、長らく愛用していたTシャツでした。
きちんと洗濯はしていたのに、いつからか生乾きのにおいがするようになってしまいました。

何度洗濯しても漂白しても、太陽にあてても、なぜか生乾きのにおいはとれないまま・・・。

もう捨てるしかないかな、と言っていたそのときでした。

粉せっけんで1度洗濯をしたら、なんと!

すっきりとにおいが取れたのです。本当にすっきりと。

それ以降、まったくにおわなくなりました。

これをきっかけに、ずーっと粉せっけんを愛用しています。

間違いなく、合成洗剤よりも粉せっけんのほうが洗浄力が高いです。

たしかに、面倒な点はあります。

まず、せっけんの使用量がわかりにくいこと。

せっけんの洗浄力は、しっかりとした泡立ちを維持できないとまったく発揮されないのですが、そのためのせっけんの適量が最初はわかりにくいです。

長い間合成洗剤を使っていた場合などは、衣類に残った合成洗剤が泡立ちを邪魔します。
なので、せっけんに切り替えたばかりのころはかなりたくさんの量を使います。

それから、よく溶かしてから入れる必要があること。

普通の洗剤のように、ただポンと入れるだけではだめです。

せっけんは水温が低いと溶けてくれません。きちんと溶けないと泡立たず、本来の力を発揮できません。
せっけんのかたまりが服についてしまうこともあります。

なのでまず、せっけんをよ~~く溶かしてから入れなければなりません。

このへんの手間を面倒だと思う方もいるでしょう。

でも、正しいやり方でやれば、せっけんの威力は絶大です!

とくに、汗や皮脂などの人間由来の汚れを根こそぎ落としてくれます。

我が家でいま使っているのはミヨシのそよ風。

以前は「ライスター」や「安心生活」なども愛用していました。

ですが、いちいち通販で買うのが面倒になってしまい、いまは近くのスーパーで気軽に買える「そよ風」を使っています。

お風呂の残り湯で洗濯している方も多いようですが、うちでは普通に水を使っています。
せっけんは、洗面器に入れてお湯でよく溶かしてから、洗濯機に投入。
こうすれば、溶け残りは防げます。

それでも冬場は服にせっけんがついてしまうこともありますが・・・。

いろいろな面倒を差し引いても、それに勝るせっけんの洗浄力を支持しています(^^)/

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense