落ち込んだときにやることリスト

最近わるいことが続いてます。( ̄◇ ̄;)

なぜか悪いことが続く・・・

なんなんでしょう。

自分に原因があること/偶然のこと、仕事のこと/プライベートなこと。

いろんなことごちゃまぜで、ここ1ヶ月くらい悪いことが続いてます。

こんなに続いたんだからもうないだろう!!

と思ってもまた、悪いことが起きる。

この繰り返しです。

もがいてもしょうがないので、時がたつのをゆっくり待とうと思ってます。

で、落ち込んだときにどんなことすると元気でるかなー?ってのを書きだしてみようと思います。

落ち込んだときに元気が出ること!

ブログを読む

まずはこれですね。

ミニマリスト系、シンプルライフ系、インテリア系、とにかくいろんな方のブログを読むのが大好きです。

ふだんからお気に入りで徘徊しているブログがたくさんあるので、それを読んで元気をもらいます。

自分以外のほかのひとが、毎日のなにげない暮らしを送っているのを見ると、なんかホッとして元気出るんですよね。

家事のこと、買い物のこと、仕事のこと、暮らしのこと。

ああー、みんなもこうやって毎日の暮らしをしているんだ、生活しているんだなぁー。

っていうのを知るのが楽しいです。

あとは心屋仁之助さんや本田晃さん、ナリ心理学のナリさんのブログも大好き。

ホッとして元気が出て、目からウロコだったりして。

いつも落ち込んだ気持ちを立て直してくれるのはこの方たちです。

おいしいお菓子とコーヒー

お菓子が大好きです。

コーヒーも大好き。

このふたつと、スマホがあれば幸せです。笑

マンガや本もいいな。

落ち込んだらおいしいお菓子を食べながらコーヒーを飲んで、ネットサーフィンします。

いまお気に入りのお菓子は、ウォーカーのショートブレッド。

もーーこれ、おいしすぎる。

小麦粉とバターと砂糖と塩しか使っていないというシンプルなレシピ。

サクサクしてバターのうまみがあって、最高においしいです。

何個でも食べられちゃう。

コーヒーにもワインにも牛乳にも合います。

同じウォーカー社のハイランダーも大好き。

ショートブレッドとハイランダーを交互に食べ続けたい。笑

好きすぎてこのあいだ楽天で3000円分まとめ買いしました。もう全部なくなりました。

日常を描いたドラマやマンガを観る・読む

好きなんです。

アップダウンの激しいドラマや映画はすごく苦手(サスペンスとか、どろどろした恋愛ものとか、探偵ものとか、医療系とか、全部にがて。)なんですが、

日常を丁寧に描いたものは大好き。

ドラマだと、最近はやっぱり逃げ恥。

あとは瑛太さんの「最高の離婚」もよかった。

「木更津キャッツアイ」も好き。

この3つは繰り返し何度も観ています。

マンガだと矢沢あいさんの「ご近所物語」、永田正実さんの「恋愛カタログ」、咲坂伊緒さんの「ストロボ・エッジ」とかすごく好きですね。

わたしは少女まんがの、ふだんの生活に根ざしているところがとても好き。

なにかの目標にむかって突き進むとか、ものすごい成功をつかみ取るとかではなく、熱血スポーツものとかでもなく、ファンタジックなものでもなく、ただ淡々と日常を描いているようなもの。

わたしの周りにもあるごくふつうの毎日、同じような暮らし。

それを丁寧に描いている作品が大好きです。

日常の中にある「よきもの」というか。

毎日の暮らしの中にある楽しいもの、幸せなもの。

そういうのをマンガやドラマで見ると、ふつうの生活、ふつうの毎日の暮らしを客観的に見れるんですよね。

で、

あ、これって私にもあるじゃん。

私の生活の中にもこういう幸せ、ある。

って気づけるんです。

だからそういうのを読んだり観たりしていると元気になります。

いろいろあるけど気楽にいこう

人生、いろんなことありますよね。

落ち込むことやつらいこと、悲しいこともある。

避けられないし、この先も多分ある。

でも、気楽に。

落ち込んだときは元気が出るものに助けてもらって。

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense