ミニマリストという言葉についていま思うこと

ミニマリスト、という言葉が一般的になってからすでに5年以上が経つ。

 

最近は「ミニマリストやめました」などのブログも見られ、若干その言葉に古さやダサさを感じるようにも思う。

 

ミニマリストの本来の定義は最小限主義者ということなのだろうが、その中身は人それぞれで、単純にものの量の多い・少ないではなくて、シンプルな考え方、すっきりした暮らしなど、なんとなく「スッキリしていることを好む人」「少ないことを好む人」みたいな感じだ。

 

わたしはといえば、ミニマリスト、と名乗ってはいるが、家電は普通に持っているし、車だってあるし、ネット通販もよくする。モノもいろいろ持っている。
きっと世間一般の平均よりは家の中がすっきりしていて、物が少ないとは思うけど、決して最小限ではない。

 

ブログ記事で「ミニマリストの~~」って書くたびに、「ミニマリスト・・・ってほどではないな」「言い過ぎかな」と思うこともある。だけどあえてタイトルにはミニマリストの~~、と入れるようにしている。

 

なぜなら、「ミニマリスト」の6文字は、「スッキリしていることを好む人」「少ないことを好む人」という性質を短い言葉で表してくれる便利な言葉だからだ。

 

わたしみたいにものを少なくしたり家の中をすっきりさせることで、生活がラクになって、頭の中がすっきりするタイプの人、またはそれを目指している人は多い。そういう人に、いま私がやっている工夫とか試行錯誤が役にたったら嬉しいなと思う。そういう気持ちで記事をつくることが多い。

 

タイトルや記事内に「ミニマリスト」っていう言葉が入っていることで、あ、この人はものを少なくしてすっきした生活を好んでいるのだな、ということがひとことで伝わってわかりやすい。そういう暮らし方に興味がある人に、私の記事がひっかかったら嬉しいなと思うので、あえてミニマリストという言葉を使ってます。

 

おわり。

スポンサーリンク