言いたいことは言うようにしたい

 

言いたいことを言うのはわがままだと思っていた

 

長い間、自分の言いたいことを言うことはわがままなことだと思っていました。

 

たとえば誰かにいやなことを言われたり、理不尽なことを言われたとして。

 

「それは違う」

「はあ?何いってるんだこの人」

 

と心の中では思っても、言い返さないのが「おとな」だと思っていました。

言い返してもしょうがないし、けんかや言い合いになったらめんどくさいし、大人気ない。

 

こっちががまんしておけば争いにはならないから、だまっておこう。

そういう人とはなるべく関わらないのが一番。

 

そう思っていたんです。

 

子どものころは言いたいことを言えていた

 

わたし、子どものころはちゃんと言いたいことを言える子でした。

 

男子にいやなことを言われたら言い返すし、仲の悪い女の子とけんかもしてました(笑)

だからあんまりみんなに好かれるタイプではなくて、友達は少なかったです。

 

 

だんだんと友達が少なく孤立するようになり、

「わたしって性格のわるい子なんだ。じぶんはなんていやな子なんだろう。」

 

と思うようになり、言いたいことを言えなくなりました。

小学校3年生くらいからでしょうか。

 

 

思ったことを言うこと=子どもっぽいこと、悪いこと

だと思うようになったんですよね。

 

 

まぁ、思ったことをなんでもバンバン口に出していたらきっと社会生活に支障がありますよね(笑)

だから、これも成長の過程で必要な学びだったとは思います。

 

 

 

思ったことをすべて言う、

もしくは

言いたいけど何も言わない。

 

 

のではなくて、

 

 

それは違う!

理不尽だ。

迷惑だ。

 

 

と思ったらきちんと言える。

きちんと伝える。

 

それが必要なんですよね。

 

 

言い返さない=いい人、大人 ではない

 

そこを大きく取り違えたまま大人になってしまい、

いい人でいよう、いい人になろうと頑張った結果、言いたいことを言えなくなってしまいました。

 

 

幸いなことに15年以上付き合いのある仲の良い友達が数人いて、その子たちとは素の自分で接することができます。

そもそも友達は自分で選べるので問題ないんですよね。

みんな人間的にとてもできた人たちばかりだし、穏やかな友達たち。

 

トラブルの起こりようがありません。

 

 

 

問題なのは仕事の人間関係です。

仕事場にはいろんなタイプの人がいます。

 

いまの職場に来てから3年ほど経つのですが、

理不尽な人、攻撃的な人、わがままな人など、今まで出会ったことのないような人がたくさん。(笑)

 

 

 

そういう人から身を守るために、わたしは長いこと、「なにも言い返さない、良い人」をやってきました。

そうすれば大丈夫だと思っていたのです。

 

 

ところがどっこい。

 

何も言い返さなければ場がおさまるかというとまったくそういうことはなく。

 

攻撃的な人に言い返さないでいると、さらにエスカレートするだけなんですね。

 

これはほんと、最近やっと気づきました(汗)

 

 

 

ちゃんと言い返すことも必要

 

理不尽なことを言われて黙っていたら、どんどん相手は理不尽なことを言ってくるんです。

 

こっちが我慢すればすむ、そのうち相手も気づくだろうと思っていたけど、ぜーんぜんそんなことはなくて。

 

もっと理不尽なことを言ってくるし、してくるし、わがままで攻撃的になってきます。

 

 

だから、ちゃんと

「それはちがう」

「おかしいと思う」

「そういうことはやめてほしい」

 

と、伝えなければならないんですね。

 

けっして感情的になるのではなく、冷静に淡々と伝えられるようになりたいなと思っています。

 

 

少しずつですがいま、ちゃんと言えるようになっています。

こちらがきちんと言うようになると、明らかに相手が変わってくるんですよね。

 

「これをやってほしい」

「こういうのはやめてほしい」

 

と伝えると、相手の理不尽な行動、物言いが減ってきます。

おもしろいくらいです。

 

 

今までもきちんと自分の言いたいことは伝えなければいけなかったな、と反省しました。

 

理不尽なことをされたり、いやなことや迷惑やことをされたり言われたりしたときに言い返すことは、

決してわがままで子どもっぽいことなんかじゃありません。

 

むしろ、それをきちんと言える、伝えられることこそが大人なのではないかと思います。

 

 

 

短い期間だけの関わりならば、言い返さずに無視して、なるべく関わらないほうがいいこともあります。

 

でも仕事のようにある程度の長期間関わりを持たなければならない場合は、しっかりと自分の言いたいこと、思っていることを相手に伝えていったほうが、自分を大事にできると気づきました。

 

 

スポンサーリンク