散歩の速度をゆるめてみる。

散歩が好きです。

休日はたいてい夫と散歩するか、ひとりで散歩してます。

真冬は晴れてても風が強くて冷たいので、結構ツライんですよねー

体や手足はあたたかくても、びゅーびゅー風が吹きつけるので、とにかく顔と耳が冷たい。

アタマがいたくなってきます。

なのであんまり長時間はできず、

まわりの景色を見て楽しむという感じでもなく、運動のために歩くってかんじですね。

それが、いまくらいの時期になると、日が照っていればポカポカしてあったかくて、やっと気持ちよくなってきます。

先日も一人休みだった(夫は仕事)だったので近所に散歩へ出かけました。

日差しがあってあったかくて、風がなくて気持ちよかったー。

今回歩いたのは静かな住宅地。

いろんな家を見ながら、生活の音が聞こえてきたり、洗濯物が干してあるのを見たり、庭の手入れや子どもと遊んでいる人を見たり。

なんかすーーごいゆーーったりした気持ちになりました。

てくてく歩くというより、止まりそうか!?ってくらいゆっくり歩きましたね。

歩いてるのに眠くてなってきて、目を閉じながら歩いたりもしました(あぶない

この散歩コースは線路沿いなので、ときどき電車が通るのもまた、いいんですよ。

線路沿いの道ってなんかよくないですか?

電車には昔からロマンを感じます。

バスや飛行機や船にはない、ロマン。なんかロマンとしか言い表せない表現力がもどかしいんですけど、、、

電車っていつ来るか分からないじゃないですか。

バスよりも見る頻度が少なくて、来るとレア感ありますよね。

カタンカタン・・・って近づいてくるのもいいし、線路の上を走るっていうのもいい。

ゆっくりゆっくり歩いてると、それだけでストレス解消になる気がしました。

体の力がふんわりと抜けていって、ゆるゆる〜っとするような。

散歩ってヨガみたいだなと思いました。(ヨガしたことないけど)

スポンサーリンク
adosense




adosense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
adosense